のどの病気
のどの病気の治療

 

○アレルギー性鼻炎・鼻炎・鼻づまりに、レーザー治療をお勧めします。

アレルギー性鼻炎・鼻炎・鼻づまりなどでお困りの方。

レーザー治療研究所を1995年に開設し、主に、アレルギー鼻炎や肥厚性鼻炎に対してレーザー治療を行っています。

個人差はありますが、特に薬では治まらない方に有効です。

 


 

○炭酸ガスレーザーのメリット

炭酸ガスレーザーは、メスや電気メスに比べ組織への侵襲が少ないため、鼻粘膜へのダメージも少ないです。

また、血管の閉塞が止血効果を生むため、麻酔や縫合の必要はありません。浮腫や瘢痕の減少、患者の術後不快の軽減、術後の治癒促進などに効果的です。

侵襲が少ないので出血はほとんどなく、乾燥したクリーンな術野の確保も可能にします。さらに手術時間の短縮や手術の簡便化にもつながります。

※診察、処置費用などはすべて保険適応です。


 

 

炭酸ガスレーザーとは

炭酸ガスレーザーは、レーザー光を発生し、水に吸収される特性があります。

鼻腔内の粘膜を非常に浅く焼灼することができるため、他の手術に比べて組織への侵襲が少なく安心して治療できます。

レーザー手術は外来通院が可能です。


 

 

レーザー治療の適応について

  • アレルギー性鼻炎、特に内服薬や点鼻薬で治療しても症状が治まらない方
  • スギなどの季節性鼻炎、花粉症(発症前の方が効果が高い)
  • 温度差で鼻づまり、鼻水の出る方
  • 妊娠中に、鼻炎がひどくなった方
  • 手術中、動かない小学校高学年

 

 

レーザー治療の治療方法

  1. 麻酔薬を浸した綿花を、約20分鼻に入れておきます。
  2. レーザーで下甲介粘膜を両側で約6分照射します。
  3. レーザーの熱凝固作用により出血はほとんどなく、粘膜がアレルギー反応を起こしにくい状態になります。
  4. 照射後1~2日は粘膜が一時的に腫れ、鼻づまりや鼻水が出る状態になりますが、徐々に改善されます。

 

 

■レーザー治療の手術方法

炭酸ガスレーザー手術は、アレルギー反応を起こす下鼻甲介の粘膜部分にレーザーを照射することでアレルギー反応を抑制し、くしゃみ、鼻水、鼻づまりを抑えさせる方法です。レーザー照射は症状に応じて何回かに分けて治療します。

手術は鼻腔内に表面麻酔薬を含ませたガーゼを15~20分挿入し麻酔を行った後レーザーを照射します。手術の時間は10分程度で終わります。

麻酔も含めた総手術時間は30~40分程度で、術後はすぐ帰宅できます。

 

 

レーザー治療の痛みについて

炭酸ガスレーザー手術の術中、術後の出血、痛みはほとんどありません。

また、お子様でも安心して行える治療です。

詳しくはお気軽にご相談下さい。

 

 

術後について

炭酸ガスレーザー手術の術後は鼻にガーゼなどを詰める必要はありません。

そのまま帰宅することが可能です。

鼻づまりが一時的に起こることがありますが、約1日ですぐに改善されます。

 

 

レーザー治療の治療効果

鼻づまりに対して80%以上の有効率があります。照射前と照射後を、鼻腔通気度検査で比べています。満足がいかない場合は、繰り返し照射することで効果を高めます。